03-3559-9677

クラブ概要

クラブ概要

クラブ紹介

組織図

Will Japan株式会社

東京城北陸上競技クラブは練馬区と板橋区の堺にある都立城北中央公園を中心に杉並区の和田堀公園・足立区の舎人公園・練馬区の光が丘公園と生徒が通いやすいように放射線状に形成、活動している、ジュ ニア陸上クラブです。ジュニア陸上クラブチームを中心に各校・各クラス、幼稚園生のお子様から小学生・中学生・高校生のスクールとピラミッド構造となっております。かけっこ教室、ジュニア陸上スクール、サッカースクールもあり、いろいろなスポーツを楽しむ事の出来るジュニア陸上クラブです。

クラブ設立

1999年 「城北A.C.」を地域の子供数人を集め設立
2005年 名称を「東京城北陸上競技クラブ」へと変更
「城北A.C.」は大会出場時など略名で使用
2008年 TOKYO J.A.C.クラス新設
2010年 R.C. JOHHOKUクラス新設
2012年 キッズ・かけっこ教室新設
2014年 舎人校・和田堀校・光が丘校開校
2015年 教室ジュニアサッカースクール新設
2016年 戸田校開校
2017年 Will Japan株式会社を設立

スタッフ紹介

櫛谷 哲央(クシヤ ノリオ)
役職 Will Japan株式会社 代表取締役
東京城北陸上競技クラブ代表・監督
東京城北FC代表・監督
年齢 46歳
1999年城北A.C.を創設、指導を開始
2002年開進第四中学校長距離コーチに就任
2005年城北A.C.から東京城北陸上競技クラブへ改名、監督へ就任
2011年前会長前田和優死去により代表ヘ就任
2015年東京城北FCを創設、代表・監督へ就任
2017年Will Japan株式会社設立、代表取締役ヘ就任
故 前田 和優(マエダ カズユウ)
役職 東京城北陸上競技クラブ初代会長
年齢 52歳
坪田 文太(ツボタ ブンタ)
役職 東京城北陸上競技クラブ2代会長
年齢 56歳
三船 将司(ミフネ マサシ)

役職 東京城北陸上競技クラブ会計
年齢 29歳
経歴・実績 亜細亜大学駅伝部 箱根駅伝2回出場
福島 成博(フクシマ マサヒロ)

役職 東京城北陸上競技クラブ監査
年齢 28歳
経歴・実績 法政大学陸上部 箱根駅伝2回出場
藤田 一輝(フジタ イッキ)

役職 Will Japan株式会社 スポーツ事業部 部長
舎人校・和田堀校・光が丘校 主任
年齢 23歳
経歴・実績 全日本中学校陸上競技大会出場 (男子800m)
関東高校選抜新人大会出場 (男子800m)
村田 剛(ムラタ ツヨシ)

役職 城北校 短距離コーチ
年齢 33歳
経歴・実績 全国高校総体出場(男子100m)
日本選手権出場(4×100mR入賞)
東京農業大学 陸上競技部コーチ
千田 航世(センダ コウセイ)

役職 Will Japan株式会社 スポーツ事業部
城北校 陸上コーチ
年齢 24歳
経歴・実績 2007年全日本中学校陸上競技選手権大会出場
2007年ジュニアオリンピック出場
2010・11年全国高校駅伝4区・7区で出場
川島 凜(カワシマ リン)

役職 城北校 陸上コーチ
年齢 21歳
経歴・実績 関東高校新人大会出場(男子3000mSC)
国学院久我山高等学校卒
明治大学 在学中
河内 大輔(コウチ ダイスケ)
役職 短距離コーチ
年齢 42歳
経歴・実績 京都大学卒 インターハイ出場
日本陸連陸上競技指導員資格取得
小森 慶太朗(コモリ ケイタロウ)
役職 城北校サッカーコーチ
年齢 29歳
経歴・実績 2013年 栃木ウーヴァFC
2014年8月 VONDS市原
2014年8月 FCガンジュ岩手
轟木 亜問(トドロキ アトウ)
役職 城北校 陸上コーチ
年齢 22歳
経歴・実績 小林高等学校 駅伝部卒
立教大学陸上部 在学中
木下 雄登(キノシタ ユウト)
役職 臨時コーチ
年齢 26歳
経歴・実績 慶応義塾大学卒

クラブ理念

当クラブは創設以来、一つの指導理念を掲げて活動して参りました。「子供たちのために何ができるか」、その理念を一貫して追求し、大会での勝敗にだけ目を向けず、陸上競技を通じての選手育成が最も大切だと考え、指導を行っております。元気よく素敵なあいさつをすること、気持ちよく走ること、日々全力でチャレンジすること、相手を思いやる心と良識のある行動。子供たちがそれらを感じ、陸上競技を通して成長してほしいと願い、日々指導をしています。

クラブ Coaching Method

東京城北陸上競技クラブでは、独自の練習環境、オリジナルコーチングメソッドを用いて、選手の指導・育成を行っています。当クラブは、ジュニア期には「勝つための指導」ではなく「選手を育成する指導」が大切だと考えています。この理念の下、SAQトレーニングによる効率の良い動き、食育による体作り、練習の習慣、みんなと楽しく練習をするの4本柱を中心に選手の将来性を長い目で見据えた指導・育成を行っています。

スポーツマネジメント

スポーツマネジメントとは「スポーツ選手の価値を最大限に高めるための組織的な営み」と定義されます。目的・目標を達成するために必要な要素を分析し、成功するための手を打ち、選手のパフォーマンスを最大限に引き出すことです。当クラブでは、4つの項目を中心にスポーツマネジメントを行っております。

  • 練習環境

    当クラブは城北中央公園陸上競技場を中心に活動をしています。競技場や豊富な種類のクロスカントリーコース、ロードも完備され多種多様な練習が行えます。

  • 選手ケア

    当クラブには専属のトレーナーがついており、マッサージ等の治療を行うことにより、選手の故障を防ぎ、パフォーマンスを最大限に引き出します。

  • トレーニングジム、水泳

    ただ走るだけでなく、将来を見据えてプールでのウォーキング・水泳、ジムでの筋力強化なども行い、様々な面からの強化を図っていきます。

  • 大会・記録会

    当クラブでは、目標とする大会・タイムに向け、練習の一環として記録会等を活用しています。目的に合わせ、様々な記録会に出場していきます。

コーチングハンド Coaching Hand

コーチングハンド

スポーツには、私たちの身体や心が健康になったり、一緒にスポーツをする仲間との関係を良好にしたり、ひいては社会全体の活力を生み出したりするような様々な「価値」があります。マラソンや駅伝競走を観戦すると、私たちは感動し、社会は活気づきます。仲間たちと一緒にスポーツに取り組めば、きっと毎日が楽しく豊かになることでしょう。「どうすれば選手はもっと速くなれるだろうか」「どんなクラブなら子供たちは楽しく練習できるだろうか」…スポーツマネジメントの現場で活躍する我々クラブスタッフは、いつもこんなことを「想像」しながら、スポーツの、選手の価値を「創造」しています。

安心・安全AED

東京城北陸上競技クラブでは社会的責任の観点から選手・保護者、近隣地域住民の安心・安全のためAEDを設置いたしました。

  • AED設置場所

    クラブハウス1台・事務局1台

  • 機種

    CU-SP1

  • 取り扱い会社名

    株式会社トレハクラブ

  • 練習時も持参

    各校サッカースクール・舎人公園・光が丘公園・和田堀公園での練習時はスタッフが持参いたします。

ご入会を検討するにあたり、ご心配やご不安なことがあれば、お気軽にお問い合わせください

  • Tel.03-3559-9677
  • お問い合わせはこちら

pagetop